読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業を安定させるどころか不安定でもない

 雪を含んだ強風にぶん殴られながら駅に向かうと、一時間遅れの電車が来ました。30分に一本の間隔だから、ちょうどいい遅れ具合です。えっちらおっちら頑張る電車は、地下鉄に切り替わった途端なにごともなかったように通常運転に戻ります。僕も穴を掘ったら通常運転になれるのでしょうか。

 

 1週間ほど前に面接を受けたところから連絡が途絶えていたので、職安で確認をとってみると「性別が」だったので、どうして面接まで呼んだのか謎でした。あれか、性別変えてまたこいってか。

 

 数年前に「いっしょにドイツで一年間フラットシェアしよう」と約束していた友人に実行する旨を持ちかけていて、OKと返信が来たから書店でドイツ語の文法書を選んでいました。とっつきやすいカジュアルな教本がたくさんあるなか、飾りっ気がないというか、そっけない本があったので開いてみると「君たちに知ってもらうために僕はそれを言うのです」という文章があって、即座に会計に向かいました。レジに着いたらなぜかゲルマン語の解説本も抱きしめていたのですが、まあ、本って我々の与かり知らぬところで勝手に増えますよね。

 

「好きなことを仕事にする」とかよく言われたり聞いたりするんですが「『すきなものすき!』と言うのが好き」だったら、それで給金があったら、最高ですよね。