読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々分裂

 「遊んだらお片づけ」ができず「散らかって不便を感じたら片付け」が続いています。しょっちゅう片付けているし、それはそれで楽しいです。

 夏風邪でした。悪寒がするのに蒸し暑く、汗をかいてしまう。あるいは冷房に震え上がってしまう。

 信頼と親愛はやや混同されやすいです。他人が言うことは、言ったことがすべてではなく、上澄みのようなものなのでしょう。コミュニケイションは真意を伝えようとするほど、まどろっこしくなる。

 一人称の主語、他動詞の目的語に自分を置くと、自分が分裂します。「(私は)自分を好きになる」は「好く自分」と「好かれる自分」に分裂します。「好く自分」は好かれないまま、「好かれる自分」は好かないまま。「自愛する」「自分を見つめなおす」「自己分析」「自分を変える」「自信」とにかく自我は簡単に分裂してしまいます。

 鬱がひどくて動けなかったとき、焦燥感がなにもできない僕を責め続け、さらに動けなくなっていました。今も、ゆっくりしか動けない僕を駆り立てようとしていて、逆効果になっています。頭ばかりが働いて、回すものがなければ空回りして終わるだけです。物を作りたい。形に残るから。