読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都滞在2

 残りの時間のほとんどは京都でお世話になったひとびとに会っていました。挨拶回りのようでも、当たり前のように会えていた時間を思い出しながら、当たり前のように話しました。これからも、その当たり前のように久々に会うというのを続けるよう努めたいです。

 暮らしていた辺りを歩くと、当然のように歩いていた頃を思い出してしまって、どうしても旅行然としない。あのひとと久しぶりに会う、あそこへ久しぶりに行くといった目的は生活とは離れているけれども、やはりここは土地もひとも僕の生活があふれていて、離れて一年も経っていないのに懐かしくなりました。