読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢の話はどこまでも

 お絵かきにちゃんと取り組んでみたいなあと思って、画材屋さんに行ってきました。とりあえず色鉛筆でもと探していたら、値段の敷居が高くて打ちのめされそうです。とりあえず画用紙と黒鉛筆だけ買ったら店員さんに学生かと尋ねられて、ちょっと嬉しくなったのですが、そういう言葉に喜んでしまうことに年齢を感じて、同時にうなだれました。

 

 百円均一で色鉛筆を購入して、繁華街を巡回して帰りました。

 

 おふざけを交えながら書くのはなかなか体力がいるみたいで、しばらくはこんな調子になりそうです。